MISSION

農業革命株式会社の使命

2020/10/15

 現在の日本の農業は衰退の一途を辿っていると言われています。

 農業就業人口は1960年頃の約1/6まで減少し、食料自給率は79%から39%へと半減しています。(2016年現在)

 この事実は農業の危機といっても過言ではないでしょう。

 今までの農業は、大半が国の保護政策に頼り「自ら生産物の価値を決める」という権利を主張して来なかったように思えます。

 今こそ原点から農業を見直し、経営の成り立つ農業を目指すことが重要課題だと考えています。

​ 農業革命株式会社の使命は日本の農業と真摯に向き合い、現状を打破し、農業という職業を確立させ、競争力のある「農産業」として確立していくことです。

2019/3/27

​生産者はモノ創りのアーティストだと強く皆に伝えたい。

農業革命ロゴマーク_edited_edited.png

これまでの日本の農業は閉鎖的な部分が色濃く存在していました。地域の生産者と密なコミュニティを構築し、それを全国各地へ拡大、産地の「想い、美味しい、楽しい、安定した収益」を創出し、国内外の消費者へ伝えて行きます。また生産量を増やし、地域の農業の発展を全力でサポートして行きます。

日本の農業の発展を支える
日本の農業の発展を支える

生産現場への一方的な押し付けは、結果的に生産現場を苦しめてしまいます。

​我々は「より良い効率化の為の方法」を長年の経験から、生産現場と共に模索して生きます。

生産現場と共に生きていく
生産現場と共に生きていく

化学肥料や化学合成農薬を必要以上に使うと、土の力は衰えていきます。「美味しいものづくり」を可能にするのは健全な土作りが必要です。

​我々は「表面的な事より、本質的な事」すなわち「土」の力を大切に考えています。

美味しいものづくりを徹底する
美味しいものづくりを徹底する

​利益の確保だけが目的となっている生産で、つくり手の「楽しい」と「やりがい」と「プライド」は持続できるのか。我々は生産地と都市部を食で繋ぎそれらを創出、実行し持続可能な次世代の農業を目指します。

持続可能な農業を目指す
持続可能な農業を目指す

私たちは現場へ足を運び、見て、聞いて、食べて、感じて、深く関わります。

​その中で、生産現場の可能性を見出し、アグリテックイノベーションを実施していきます。

農業革命ロゴマーク_edited_edited.png

は、7つの事業を基に活動しています!

「安心・安全・美味しい」と
​収穫増の為の土作りを行います。
土壌分析改良事業
​農産物流通事業
様々な手法で農産物を販売します
物流改善事業
最善な物流ラインを構築します
IT事業
新しい農業のカタチを
​ITを駆使して考えます。
​地域創生事業
地方自治体と連携し
​食を通じて産地を元気にします。
​社会貢献事業
食を通じて社会に貢献する
​仕組みを実践します。
​クリエイティブ事業
デザインを通じて
​作り手の想いを届けます。
  • Instagram